圏外が心配なwimax2プラスだけどおすすめ

 

Wi-Fiを利用している人は今では当たり前となりつつある昨今、その通信スピードも商品の価値を左右する1つのスペックです。
携帯電話やパソコンの進化で家でも外でもインターネットを利用する(したい)方や動画やSNSなどの利用が多く利用する姿をよくみます。
こんな時に圏外や通信スピードが遅いとストレスにも繋がります。
もし使用している時に急に圏外になったりしたら大変ですよね?
例えば大事な資料を作っていてバックアップを取ろうとした時に圏外だと、今まで構築してきた資料が保存できないなんて事にもなりかねません。
そのような事態になったら失うのは時間だけならまだしも、下手をすると会社の利益に関係してくる可能性だってあります。
今回は圏外を嫌がる方へインターネットに必要なモバイルサービスWiMAX2プラスをご紹介します。
WiMAX2プラスってモバイルサービスなのはわかるけど、結局どういうものなの?」とご興味をお持ちですよね。
WiMAX2プラスはモバイルサービスでは唯一の選択肢と言って良いほど優れていて圏外になりにくい商品になっています。
auやdocomo、Yahoo! Wi-Fiといった他サービスを通信速度・価格・端末の性能で上回っています。
ただし、他のモバイルサービスと同じく、1度契約すると2年以内に解約する場合は違約金がかかったり(プランによる)
プロバイダによっては2年間の総額で約5万円も高くなってしまったりと、
契約する前に知るべきことがたくさんありますので、デメリットも含めてチェックしてみてください。
それではなぜWiMAX2プラスで検索すると圏外というワードが出てくるのか?
圏外というワードが出るのは必ずしも圏外になりやすいからという理由だけではありません。
その理由も含めてお伝えいたします。


wimax2プラスで検索すると圏外と出るから不安

 

それではなぜグーグル検索でWiMAX2プラスと検索すると圏外と出るのかお伝えしていきます。
ほとんどの人が圏外になりやすいから検索結果に出ると思っていませんか?

 

 

ここに表示されるのは実際に検索されやすい単語が並びます。
この画像に表示されているのは

 

wimax2プラス au
wimax2プラス 遅い
wimax2プラス エリア
wimax2プラス 繋がらない
wimax2プラス 料金
wimax2プラス 圏外
wimax2プラス 使い方
wimax2プラス 制限
wimax2プラス 解約
wimax2プラス 比較

 

となっています。

 

みんなが気になる事を検索しているのであって、決して答えがここに表示されている訳ではありません。
圏外と出る理由は、契約する時自分の住んでいる場所が圏外かどうかを調べる人が多いと思います。
そうすると、「wimax2プラス 圏外」もしくは「wimax2プラス 圏外 場所」などで検索していると考えられます。
実際私も契約する場合は圏外の場所なのかどうなのか一度インターネット検索します。
なのでGoogleの検索窓で圏外が出るからと言ってそれだけを見て圏外になりやすいんだなと思うのは早とちりです。
調べてみると逆に圏外になりにくいポケットWi-Fiだなと感じました。
電波が入りにくい状況で圏外になるのはどのような場合か見ていきます。

 

UQWimaxの方でアンテナ障害やシステム障害による通信エラーが起こる場合もありますが、それはごくまれなケースだと思います。
システム障害がある場合は事前に何曜日の何時から何時まで障害で通信できませんとメールが送られてきます。
その他のケースで考えてみました。

 

スマホを利用している場合Wi-Fiを利用しなければ、各携帯電話会社の基地局から離れていることで電波が入りにくい圏外状況であるといえます。
トンネルの中や地下などに行くと圏外になり、携帯が使えないといった不便を経験したことがある方は多々いると思います。
電車通勤をしている私は、いつもある区間で圏外になるので、その時はスマホの通信機能は使用しないと決めています。
それと同様、スマホやパソコンと同時に携帯しているWiMAX2プラスの位置がWiMAX2プラスの基地局から遠い場合には
必然的に電波が入りにくい圏外状態となります。
また、各携帯電話会社が主力としている電波の周波数を比べてみると、docomoでは2.1GHz、auでは800MHz、またSoftBankでは2.1GHz。
WiMAX2プラスでは2.5GHzと使用周波数が高いことから電波の干渉を受けることで通信状態が悪くなり圏外になるという実情があります。
インターネットを利用する上で一番困る問題は通信環境が圏外になる事です。
その問題の解決方法として、まずは障害情報を確認してみることが最優先になります。
繋がらない原因や圏外になる要因は何であるかをチェックし、解決への糸口を探って圏外の状態から脱出しましょう。
WiMAX2プラスであれば、初期設定は2.4GHzですが5.0GHzに変更すれば電波が入り圏外から電波がある状態になる場合が多いです。
電波と無縁と思っているものでも実際には電波を放っていることもあるため、電波の干渉を受けないことも圏外状態から脱出するための対策の1つといえます。
このような圏外への対策方法はいくつかあり、皆さんのインターネット生活には必要な知識なのですが、理解し実行出来ている方は少ないと思うので、圏外を気にする方は一度確認しておいて損はないと思います。

 

パソコンの場合、ウイルス対策としてセキュリティソフトが関係している場合もあります。
大手ウイルスソフトであれば稀だと思いますが、専門的なソフトウェアとの相性が悪くWi-Fiからの反応をしない事も考えられます。
このパターンならファイヤーウォールを無効にすればソフトを停止出来るはずなので試すのが良いですね。
ただカスタマーサービスがあるなら、一度問い合わせるのがお勧めです。

 

似たようなケースで通信を一切遮断する「機内モード」になっているかもしれません。
スマホなどの端末で機内モードだと通信ができなくなるので注意しましょう。

 

 

以前アクセスポイント設定(APN設定)や初期化の項目を弄った事のある場合は一度確認してください。
何かしらアクシデントがあり初期化をする人は意外と多いです。
これは見落としがちですね。
WiMAX2プラスのプロファイルもしくはAPN設定で設定できます。

 

圏外じゃなくて通信制限がかけられている場合も考えられます。
プランにもよりますが、使いすぎると通信制限がかけられるので、気をつけたいですね。
どのプランを使うにしろ3日で10ギガ使用すると低速になるみたいです。
直近3日間の通信量が10GBを上回ると、翌日18時頃〜翌2時頃まで速度制限が発生するみたいですね。
ちなみに7GB定額プランだと月間7GB以上の通信量の利用があると速度制限が発生するので注意してください。
YouTubeやHuluなどの動画サービスをよく利用する人は注意が必要かもしれませんね。

ちなみに10GBはYouTubeなら高画質(HD)で見た場合13時間、5分の動画なら166回分
普通画質(SD)なら47時間なので5分の動画なら570回分です。

普通に見ているから570回も見ないよという方でも気をつけてください。
これはあくまでも5分の動画の場合です。
10分の動画ならこの半分。更に1時間の動画ならかなり少ない回数になります。
YouTubeなら次の動画を自動再生にしている人は気をつけないと、かなりのギガ数を取られていると思います。

 

その他にも機械の故障も考えられます。
パソコンやスマホなどでよくあると思いますが、たまに動作が重くなって不具合が起こる事ってありますよね?
電気用品一般に言えますが、不具合が起きた時は、再起動させたり、コンセントを抜いて少し時間を空けてから起動すると
直る場合が多々あります。
Wi-Fiも不具合があった時は電源を入れなおしたりすれば圏外ではなくなる場合がありますので、一度試すといいですね。
これはWi-Fiルーター側の問題かもしれないし、スマートフォンやパソコン側の問題かも知れないので、両方試すといいですね。

 

料金が引き落とせていない場合も圏外となるようです。
ご利用料金は、ご利用月翌月初にご請求させていただいております。と書いてあります。
ご請求時に何らかの理由でご登録クレジットカードの決済がエラーとなってしまった場合は登録アカウントにメールが送られてきているはずなので
確認したほうが良いですね。
決済失敗の翌19日までに、クレジットカードの変更(再登録)手続きや、当社への連絡がない場合、
20日以降にWiMAXの回線を一時停止されるらしいので注意しましょう。
クレジットカード情報で引き落とされているのか確認ができると思いますので、請求が来ていないか確認すると良いかと思います。

 

どこでもインターネットを楽しむなら

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 


wimax2プラスとは

 

では今回紹介しているWiMAX 2(ワイマックス・ツー)プラスとはなにか?
名前は聞いたことがあるけど、よくわからないと言う人も多いでしょう。
意外と知らないWiMAX 2プラスのメリットとデメリットをわかりやすくお届けしますよ。
WiMAX 2プラスが何か知りたい方や、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターを契約しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。
WiMAX 2(ワイマックス・ツー)プラスとは、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターに使われている電波の種類のことです。
以前は、WiMAX(ワイマックス)という電波を使っていましたが、WiMAX2プラスはその発展系です。
WiMAXに比べて通信速度が速くなっていて圏外になりにくいように出来ています。
WiMAX 2プラスは、国際的にも利用されており、KDDIのグループ会社のUQコミュニケーションズが提供しています。
先ほど>WiMAX 2プラスと検索してauと出るのはKDDIのグループだからだったんですね。

 

特徴

 

WiMAX 2プラスのメリットは以下のとおりです。

@インターネットがほぼ無制限で使える
A工事不要で即日使える
B持ち運びができる

ギガ数などを気にせず無制限でインターネットを使えるのと工事不要な点はありがたいですね。
家を建てた経験がある方は分かると思いますが、インターネットを繋ぐとなるとどこにLANをつけるか考え、さらにインターネット工事でも費用がかかります。
自分の部屋で携帯を使いたいのに電波がなく圏外になりやすい。
マンションやアパートでもここじゃない場所でパソコンがしたいのに、圏外になってしまいインターネットが繋がらないなど苦労した経験はあると思います。
WiMAX 2プラスなら好きなところにおいて作業出来るので便利ですね。
持ち運びできるのもかなりのメリットですね。
もちろんWiMAX2プラスのデメリットもしっかり紹介していきます。

@室内や田舎では電波が届きにくい
A上りの通信速度が遅い

これは上記で説明しましたが周波数などの問題もあるので、圏外になりそうなときや圏外になった時は圏外対策を確認してみると解決出来ると思います。
WiMAX 2プラスの電波は直線的に動くので部屋の中であれば、置き場所を変えるだけでもかなり変わるので試してみてください。

WiMAX2プラスの電波が入る地域なのか確認方法

 

ここではWiMAX2プラスの電波が入る地域なのか確認する方法をお伝えします。
あなたの住んでいる地域や場所が対象エリア内かどうか、「UQ WiMAX」公式ページの「ピンポイントエリア判定」で確認してください。
こちらがホームぺージです(パソコンならクリックする時Shift+エンターキーで別窓が開くので便利です)
BIGLOBE WiMAX 2+

開くとピンポイントエリア判定をクリックしてください。

 

 

後は自分の住んでいる地域をクリックしていくと〇△×で判定が出ます。

 

 

これで判断できますので契約を検討している人は是非見てください。
もし×と出ている場合は契約しても圏外と出て使用でき無いと思うので、契約するのは考えたほうが良いと思います。
ただ自宅で使用する目的でなく、出張先など移動先で使用したい人は話が違ってきますが。

 

WiMAX2プラスを契約するならこちらから→BIGLOBE WiMAX 2+ ★キャンペーン実施中★


口コミを調べてみた

 

ツイッターやインスタグラムで口コミを集めてみました。
ネット上に上がっている口コミを調査しました。
実際に使っている人の意見は参考になりますよね。
まずは悪い口コミを見ていきましょう。

 

悪い口コミ

 

 

 

 

悪い口コミには通信速度が遅いとありました。
では良い口コミも見ていきましょう

 

良い口コミ

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

念願のポケットWi-Fiを手に入れて2ヶ月… . 持ち歩くものが増えたけれど、いつでもどこでも動画見れて画像も上げ放題。 パソコン持ってるときにフリーWi-Fiスポットのジプシーしなくて良いのが本当に楽???? . 仕事が忙しくて最近はネットから遠ざかり気味ながら、本当に買えて良かったなと実感! 後は格安SIMに早く変えたい。まだどこが良いか悩み中????やっぱりLINEモバイルかなぁ… . #ポケットwifi #uqwimax #グリーンが素敵 #ネットサクサク #どこでもネット繋がる #wimax2プラス

行橋安美|劇団ステージウイング(@yasumi.yukuhashi)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

 

 

 

このような口コミが見つかりました。

 

良い口コミでは、値段が安い点や速度も問題ないとの声がありました。
持ち運びできるのはポケットWi-Fiの便利な点ですね。
速度に関しては住んでいる場所や使用している場所が関係あるようですね。
機械が苦手な人でも安心して使用できるのもポイントですね。


ギガ放題1年プランが出た!

 

WiMAX 2プラスにはいくつかキャンペーンがありますが、ギガ放題1年プランというキャンペーンが出ました。
ギガ放題とは一ヶ月のデータ使用が無制限になるプランです。
大抵、Wi-Fiはスマホと同じ2年縛りです。
その中で1年プランと行くのは魅力的ですね。
どの様なサービスか見ていきましょう。
初回お申し込み時の最低利用期間は1年でサービス開始日からサービス開始月の翌月を1カ月目として、12カ月目の末日までです。
サービス開始月は月額料金0円になります(サービス開始月に解約の場合を除く)
サービス開始翌月にキャッシュバック 10,000円で月額料金はずーっと3,980円です。(初期費用・端末代金別)
ギガ放題の料金をまとめてみました

 

 

 

1年プランで申し込むなら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

  

BIGLOBE WiMAX 2+のギガ放題なら、1年契約&自動更新なし★


選べる3機種

 

データ端末は3種類あります。
持ち運びが便利なポケットルーターがNEXT W06とNEXT WX05です。

 

 

 

家での使用を想定したHOME L02があります。

 

 

NEXT W06の特徴

 

無線接続時シリーズ最速の下り最大で867Mbps!USB有線接続時ならなんと下り1.2Gbpsを実現しています。
TXビームフォーミング対応で安定性と通信速度が向上。
スマホなどのWi-Fi機器の位置を検知し、狙って電波を送信するTXビームフォーミング機能に対応しています。

 

NEXT W05の特徴

 

WiMAXハイパワー対応しています。
電波が弱い時に従来よりパフォーマンスをアップするWiMAXハイパワー機能搭載。
「Wi-Fiビジュアルステータス」で周囲のWi-Fi使用状況を確認。
Wi-Fi混雑状況を棒グラフで表示し、どのチャネルで通信機器が多く使用されているかを確認することができます。
Wウイングアンテナ搭載クレードルしています。
「TX Beam Forming 」機能により更に快適エリアが拡大。

 

HOME L02の特徴

 

無線接続時シリーズ最速の下り最大で867Mbps!有線接続時ならなんと下り最大1.0Gbpsを実現しています。
360度全方位カバーする4本の高感度アンテナです。
指向性をもった4本の高感度アンテナを4方向に配置することで360度全方位カバー。モバイルルーターよりも受信感度が優れています。
TXビームフォーミング対応で安定性と通信速度が向上。
スマホなどのWi-Fi機器の位置を検知し、狙って電波を送信するTXビームフォーミング機能に対応。

 

 

値段

 

WiMAX 2プラスにはバリエーションがあり何を選択するかによって圏外などのリスクも軽減出来たりする事できます。
その中にハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードという似たような名前のモードがあります。
違いは大きく分けて3つ。

?通信可能エリアが違う
?使用月の上限通信量が違う
?ハイスピードプラスエリアモードに切り替えると別料金が発生する

上記で触れましたが、ハイスピードモードは通信量が無制限の代わり、対応可能な通信エリアがとても狭いです。
そして、ハイスピードプラスエリアモードでは、通信量は7GBが上限ですが通信エリアはauと同範囲のため幅広いエリアで利用可能となっています。
ハイスピードプラスエリアモードは追加料金に注意
幅広い通信エリアで利用可能なハイスピードプラスエリアモード。
しかし、利用する上で追加料金が発生することも頭に入れておかなければなりません。
ハイスピードプラスエリアモードに切り替えてそのモードを利用する場合、月額基本使用料に1,005円がオプション利用料として加算されます。
2つの通信モードを併用した場合、月額基本使用料にハイスピードプラスエリアモードで追加される1,005円が加算されることになります。
料金表に基づいて計算すると例えばWiMAX2+フラットfor DATAというauのプロバイダ利用料込みの料金プランの月額基本使用料(「2年契約(誰でも割シングル適用)」+「WiMAX2+おトク割適用」=3,696円)+ハイスピードプラスエリアモード利用料1,005円=4,701円となります。
これでも便利さからいうとお安く感じますがこのように加算されます。こちらは最大25カ月間の料金となっています。

 

解約するには

 

良いのはわかったけど解約が難しいのではと思いますよね。
携帯電話やスマートフォンなどのタブレットを契約する時は2年縛りなどが有名ですよね。
最低利用期間は1年です。

 

 

1年以内に解約すると違約金がかかるので注意してください。
ただこれは契約するプランによって違いがあるようです。
「BIGLOBE WiMAX 2+」ギガ放題(1年)は上記の契約です。
解約する場合や相談する場合は

0120-995-962
受付時間 9:00〜20:00(年中無休)

で相談できます。
解約も電話でもWEBでもできます。
とっても簡単ですね。
ただこれは公式サイトでの対応なので、違うプロバイダーでは電話対応していない場合が多いので損をしないようにご注意ください。
私は以前GMOとくとくBBで契約していましたが、解約はすべてインターネット上でしなくてはいけないうえ、解約するまでの
手続きにかなり戸惑った経験があります。
キャッシュバックにつられて公式サイト以外から申し込むと、解約方法がわかりにくかったり、
自分でしっかり契約したときの記録を残しておかないと、解約するのを忘れてまた2年縛りが始まる事にもなりかねません。
(おそらくプロバイダーが解約方法をめんどくさくしているのは、解約させないのが狙いだと思いますが)
公式サイトなら電話でのサポートがあるので、これはかなりポイントです。
特にインターネットでの操作が苦手なシニア層は気をつけるべきですね。

 

お得なキャッシュバック

 

期間限定で10000円のキャッシュバックキャンペーンをやっています。
お金を受け取れるのはサービス開始翌月です。
「BIGLOBE WiMAX 2+」ギガ放題(1年)が対象です。
特典の受け取り手続きができる期間は特典適用月(サービス開始翌月)の翌日(月初2日目)から45日間です。
45日以内にお手続きいただけない場合、キャッシュバック特典は無効となるのでご注意ください。

まとめ

 

WiMAX2 プラスがあれば、家の中でも外でも快適にインターネットを楽しめ、設置場所や環境に左右されないので圏外で使用できないなどのストレスにもなりません。
WiMAXのモバイルWi-Fiルーターって遅かったり、繋がりにくいイメージあるという方もいると思います。
しかし、使っている電波の種類がWiMAXからWiMAX2 プラスに変わっているので、光回線との違いがわからないほどの通信速度が出ますよ。
買ったものの結局圏外ばかりで全然使えないなんて事になると最悪ですよね。
利用環境によっては追加料金も必要になる場合もありますが、インターネットを移動中や移動先で利用したいと考えている人にとっては圏外で今まで使えなかった場所でも利用出来たりするのでとても重要なツールですね。
通常利用可能なWiMAX2+エリアが対応している環境かどうかを調べるほか、モードの違いや上限に気を付け、各プロバイダの特長を捉えて自分に合ったルーターを選びましょう。

 

持ち運びのWi-Fiなら

↓  ↓  ↓  ↓

 


更新履歴
トップへ戻る